読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

お昼のネトナンアポ

こんにちは!豊島です!

昨日のお昼のネトナンアポについて振り返ってみたいと思います。
女の子のスペック(以降女)
・20歳、
・プロフ見た印象→建前は清楚ぶってるけど、実はセックス好き。てかぶっちゃけ殆どの女はこれだと思うw
・自称ぽっちゃり。写メはめっちゃ可愛い。

前々から何度か誘ってはいたけど、お互い忙しくて予定が合わなかったけど、キセクアポが流れたので打診するとおっけーということに。
夜から仕事だったので、昼アポを提案。


イケメンじゃないけど、プライベートで髪型セットして、インソール履いて、カラコン入れて、軽くメイクして、私服着たらネトナンならそっこー見た目で刺してチャラく攻めて、格上だと認識させて、主導握って即れる自信あるので、その方法でさっさとセックスする計画でアポに臨む。カラオケを想定。

そしてアポ。
会ってみるとそんなに太ってない。てか服もおしゃれでけっこー可愛い。やっぱり自称デブなだけで、フツーに可愛い。

俺「初めまして~w」
女「初めまして~」
俺「とりあえずさお酒飲みたいんだけどカラオケでも行く?w」
女「アタシは体調悪いんで飲めないですけど、豊島さんは飲んでよいですよw」

そんで他愛のない話をしてカラオケin
俺が先に座る。女の子も近くに座る。

ここで6割ほど勝ちを確信。(自意識過剰なのでw)

そこで、いきなり恋愛話や、彼氏の話を。
俺「めっちゃ可愛いから沢山誘われるでしょw」
「今までどんだけ人に会ってきたん?w」
「実はセックス好きでしょ?w」
「強がってるけど、実は甘えん坊なとこない?w」
途中で気付いたら手繋いでた。ここで7割勝ちを確信

みたいにいきなり攻めまくる。客観的に見たらキモいっすね。

女「豊島さんチャラ過ぎ」「ホストかと思ったw」など頂き、食い付きあるなと確信。
そんで会って30分ほどで

俺「俺ぶっちゃけさ、女ちゃんのこと会ったらめっちゃタイプやなって思ったんやけど、口説いていい?w」
女「今日は生理やからダメ。今度ならいいよ」
まさかのリーセグダ。
俺「じゃあ挿入しなくていいからさ」
女「うーん、、」
俺「悩んでる?w」
女「やっぱダメw今度ねw」
途中舌入れてキスしたり抱き締めたり。

色々端折ったけど、こんな感じ。女の子ってギラついてセックス出来なかった時に、暫く時間おいたら冷静になってセックスできなくなるっていうのが俺の考えだから、挿入できなくても「ラブホに一緒に入った」っていう事実が欲しかった。しつこく押したけどダメだったので、諦める。最近調子良くなってきてたからゲット数増やしたくて必死になりすぎた。
しかしここで切り替え。
心の中「残り時間しっかり和んでおいて、次回のアポに繋げる。そこで準即する。食い付きは強いしイケる。必死になるのやめよう。とにかく女の子に次も会いたいと思ってもらおう」

そんで雑談。
男女の友情や恋愛の価値観の話題になり、得意分野な俺は饒舌になってしまう痛恨のミス。女の子どん引き。その後カラオケすることに。
俺「歌上手いねw」とか頑張って色々褒めたり、女の子「豊島くん下手すぎwww」
けっこー盛り上がった。

そしてカラオケ終了。まだまだ和みたいと思ったのでカフェ打診。通る。
手繋いで、車まで行く。

車→カフェ
ここで会話が全く盛り上がらず白けてめっちゃ焦る。焦りを見破られ、食い付きダダ下がり。焦って下ネタ言いまくったり、詰まらないこと言いまくったり。ここが一番の反省。話すネタが思い浮かばず「可愛い可愛い」言いまくり格下に思われる。

俺はど底辺のAFC時代が長かったため、時間かけて修得していくトーク力が無さ過ぎる。短期勝負に持ち込んでセックスしないと、非モテ部分がバレる。


長くなりそうなので続きはまた書きます!
読んでくださった方本当にありがとうございます🙏

人生初のスト準即

こんにちは!豊島と言います!

とある凄腕の方のツイートで、「Twitter、ブログでアウトプット&インプットする人は成長が早く、また9割は継続できない。」というのを見て、ブログをやってみることにしました。切実に成長したいので、「凄腕の方の言う事はとりあえず素直に即やってみる。」というのが信条なので、やってみますw

では本題。

先日、Lゲした娘との居酒屋アポでした。俺のタイプのムチムチのアラツーギャルです。
因みにアポ前の食い付きは低かったと思いますww

【アポ前に意識したこと】
先日のネトナンアポと、スト連れ出しから、「沢山笑う。大げさに話聞いて反応する。オウム返し。」の大切さを学んだ為、それを意識。

19:00合流。
ギャル娘→めっちゃオシャレ。ミニスカート。高いヒール。
俺の心の中(あれ?もしかして、結構食いつきあって抱かれに来たのかな?)
店に着くまでに
・Lゲした時の印象を語る
・「服オシャレで可愛い」
・オウム返しで大げさに聞く
・身長低くてヒールめっちゃ高かったので楽しくいじる


お店到着。
【アポ前の予定】
・20分ほど他愛無い話で盛り上がりラポールを築く
・恋愛ネタ挟みながら肩や手にさり気なくボディタッチ
・なんとなくエロい雰囲気になりお持ち帰り。

【現実】
・俺のトーク力が乏しく、ギャル娘も緊張していた為、俺の質問責め且つ、初っ端からガンガン恋愛ネタで押し、あんまり盛り上がらず。ギャル娘も愛想笑いばかりであまり楽しそうではなかった。
・「可愛いw可愛いw」と、褒めまくり。
・恋愛遍歴
・「よくナンパとかされるの?www」
・好きな男のタイプ
等、初っ端からガツガツし過ぎww

トークネタのストックが少な過ぎるのが課題の一つ。

そんで終盤
俺「ナンパよくされるって言ってたけど、ワンナイトどれくらいあるん?w」

ギャル娘「(答えづらそうに)えー殆どは無視しますけど、ご飯行ったのは3人くらいですね」

俺「うん。それでそれで。」

ギャル娘「ワンナイトは一人ですね。めっちゃ酔わされて、、、」

ここでシーンとなる。
思い切って
俺「俺ぶっちゃけさ、ギャル娘ちゃんの事元々めっちゃタイプでこの前声かけたんよな。でも今日こうやって話してみて印象変わったわ」

ギャル娘「(苦笑い)」

俺「もっと、めっちゃ良い子やなって思ったwwwこの後口説いても良い?w」

ここでギャル娘は若干微笑んで俯いて黙る。

ここで勝ちを確信。

ホテルに着いてイチャイチャするも、キスしようとしたら「付き合わないとしないグダ」が発生。自分の力を高めるなら色を使わず、落とさなきゃダメだと頭で分かっては居るものの、どうしてもゲットしたい&経験人数増やしたかったため色使ってゲット。


人生初の準即。
ストのゲットはネットの何百倍も感動します\(^o^)/
俺は一回セックスした女の子をキープする事が中々出来ないのでそこを課題にしてるので、キープしつつ、新規ゲットできるよう日々精進します。

おわり。