アラサー化粧品店員。アポ。

久し振りのブログ。アポをしっかり振り返る為にもやっぱり書こうと思う。モチベの維持にもなる。アポ中も「ブログに書くから。」って意識で詳細に覚えようとするし。主観で書くので気になった事とか気楽にツッコんでくださいw

では本題。

女の子スペック→アラサー、肌とか、化粧とか、ファッションとか気遣ってて可愛い。明るくてノリ良い感じ。約3週間ほど前にLゲして子。食い付きはほぼナシ。いつものことですw

19:00駅前で待ち合わせる。
俺自身緊張でガチガチだったが、
女の子(以降、唯にしますw)はもっと緊張してるだろうと予測して、無理にテンションを上げて声掛ける。(いつもアポではこうしてます。)

俺「よっ!www久し振り(^^)ww」

唯「こんばんはー(^^)」

ここで服装を褒める。某凄腕の方がブログで「アポでは緊張を取り除くためよくやる」と言うのを真に受けて。

俺「服可愛いやん笑、てか歳上って言ってたけど、めっちゃ若く見える!やっぱ可愛いね笑」

など準備体操がてら軽く話して予め予約していたイタリアンバルへ。ここはリーズナブルだし、内装もオシャレ、味も美味しい。
ただアポで一般的に推奨されるような①横並びだったり②個室だったりの要素はない。(③暗めではある。)今回は即ることに拘らず、女の子が「楽しいデートだった♡」って思ってもらえるようにすることを重視した為です。

仲良しのナンパ師さんに「相手に与える」ことの重要性を説いてもらったから、いつもセックスばかり考えて、女の子とギクシャクしてる俺は「女の子に与えて笑顔で喜んでもらう。」ことを今回1番の課題にしてました。

〜店内〜

俺「何食べる〜?俺テキトーに決めるねー!(これはいつも意識してる。)」

唯「いいよー(^^)」

唯は県外から出張で富山に来てる為、富山で経験した事や、グルメ、仕事の話、などでそこそこ盛り上がる。それから恋愛トーク。前の彼氏の話。恋愛観。貞操観念の強さ、好きなおっぱい、自分が人並にエロい事などの話をジョークを交えながらユーモラスに話す。俺のことも聞かれる。

唯「豊島くんて彼女居るのー?」

俺「なんでー?(^^)」(不敵に微笑む)

唯「なんか居そうだからw」

俺「居ないよw居たらナンパしないでしょ」(不敵に微笑む)

「彼女居そう」ってのは食い付きあるかなってちょっと舞い上がる。

ここまで話して何かこの子は少し押せばセックスまでイケそうかなとちょっと予測する。
アポの雰囲気としては良い感じ。いつもこの辺で無理矢理ギラついて女の子に嫌がられるパターンが多いので2軒目を提案。
俺「2軒目梯子しよw」

唯「いいよー(^^)」

快諾される。やっぱり今日はイケそうな気がする。最近のアポでは2軒目を快諾されることすら無かったから。

〜2軒目個室居酒屋〜

より深く、男女関係の話をする。自分を格上だと認識させ、主導権を握ってギラつく方向に持って行こうとした。結果これは正解だったと思う。心なしか食い付きが上がった気がした。
そりゃあ唯が普段から接している男達は恋愛の事なんてこれっぽっちも考えたことがないだろうが、俺は毎日「女」「男女関係」「恋愛」「セックス」についてハゲて病むくらい考えて考えて考え抜いてるんだから自信はある。今までは伝え方が悪かった
勿論ユーモアを挟むのも忘れない。そして「アナタを性的に見てますよ。」ってことも、明るくジョークを挟みちょくちょく伝える。


いつもは「お前を抱きたい」って重い感じで女の子が嫌がっても、無理に押しまくってたけど、
今日は
①終始ユーモアを多くして、柔らかくギラつく。
②女の子が引いたら自分も一旦引いて、和やかな空気を再構築。
③いつも饒舌になって一人語りし過ぎるので、女の子が話し出すと、しっかり話聞いてますよ感を出す事を意識。

この①〜③は今回良かった点だと思う。しかしここでホテルなり決定的に打診すべきだった。
SEXの打診をせず程よく落ち着いた所で、3軒目を打診

〜3軒目カラオケ〜

フツーに楽しんで歌う。唯が楽しめるように心底心を砕いて盛り上げる。隣に座って手とか肩とか、さりげ無く(さり気ないつもり。実際はキモいかも)触るが避けられる。

ここで、「あっ。これSEXできないわw」と内心何となく思う。しかしカラオケ出た後にSEX打診を決意。
カラオケでは特に強いギラもせず、1時間特筆する事もなく楽しく歌って退出。
今回の課題はいつもできてなかった

①「女の子に楽しんでもらう」
②「和やかな空気を終始作って、また会いたいと思ってもらう」

なのでいつものように強くギラつかないと決めていたから。

退出後ムードもへったくれもなく、会話も盛り上がってない段階で打診

俺「俺、唯ちゃんのことめっちゃタイプなんやけど、今日泊まろうよw」(ビビってる事がバレないように意識しながら余裕を持ってる風に)

唯「え、絶対ヤダw明日仕事やしw」

俺(ですよねーw)

俺「じゃあ仕事じゃなかったら良かったの?」

唯「そーゆーわけじゃない(^_^;)w」

俺「単純に顔とか、スタイルとか生理的に無理ってこと?w」(しつこいキモい)

唯「そうじゃないってwだって今日会ったばっかりじゃん!会ったばっかりの人とは何があってもしないよ!」

俺「だって1回目でもセックスオッケーな人はオッケーだし、2回目以降会ってもセックスできない人はできなくない?w」

唯「うーん?(^_^;)」

俺「じゃあ、1から500だったらどれくらい嫌なん?wてか唯まじ可愛いw」(しつこいキモい)

唯「いやいや(^_^;)w」

ここで諦めて、後は和やかな空気をもっかい再構築して、楽しい雰囲気を持ったまま帰ってもらうことを狙う。
そんでバス停まで送ってさよなら。

自分から「今日はありがとう」って送ろうかと思ったけどさっきしつこくギラついた奴からメッセ来たら嫌かなって思ってメッセ送らず。
すると唯から「今日はありがとう(^^)」と言った旨のLINEが来る。正直嬉しかった。少なくとも楽しんでもらえたかなと個人的には思う。即れなかったが課題はおおよそ達成できた気がする。
ただやはりセックスはしたかった笑
でも今後の成長のためにガマン。

おわり